注目の”日記”を語る

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国人も血中重金属濃度が高い

<<   作成日時 : 2006/02/07 11:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

「水俣フォーラム」に参加して」について
調査対象の血液1リットル当たり平均4.34マイクログラムの水銀が検出された。これは、ドイツ(0.58マイクログラム)の7.5倍にのぼり、中国(3.5マイクログラム)より高いレベル。
 ただし、水産物をたくさん食べる日本の場合18.2マイクログラムだった。
中央日報2/6
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=72443&servcode=400&sectcode=400

日本の数値は母体で19.4マイクログラム、母体からの移行が高い臍帯血中水銀濃度28.8マイクログラムという報告もある。http://dr-urashima.jp/pdf/kodomo-3.pdf
いずれにしても水産物摂取量が多い日本人は総じて高い。
ししろう

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 水俣病はじめ本当の意味での公害問題は完全には解決しないし、水銀の問題も大きな問題だと思います。
 東京慈恵会医科大のデータも正しいけども、中央日報は偏向報道があるので注意して採用した方がよいです。
 意図的に日本と韓国を比べ、本来比べるべき対象でない(今回は一般人と母体の比較?)を比べてとにかく韓国より日本が悪いとの書きたがる新聞です。
 いずれにせよ日本は海産物の摂取が高いので気をつけなければいけないのは事実ですね。

韓国のまともな発表はこっち
http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/news/metalidx.htm
国立環境科学院は韓国小学生2000人の血中・尿中水銀濃度を測定。韓国児童の血液と尿に含まれる水銀の濃度はそれぞれ2.42±1.01ppbと2.53±1.88μg/g。 血中濃度は米国の児童の0.34ppb、ドイツの1.0ppbを上回るが、中国(17.6ppb)、日本(6.6ppb)より低い。尿中濃度は、1グラム当たりが日本平均1.06μg、ドイツ平均0.7μg/gより高い 
ポチ
2008/12/12 14:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国人も血中重金属濃度が高い 注目の”日記”を語る/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる