注目の”日記”を語る

アクセスカウンタ

zoom RSS 外交は交渉術か?

<<   作成日時 : 2005/09/21 10:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

「北にだまされた」という滑稽な被害者ぶり。米首席代表ヒル国務次官補の土壇場での合意に誰が手放しで喜ぶであろうか。日朝政府間対話の再開合意も町村のいいこちゃんで、果たしてどこまで交渉力が期待できるのか。
外交を交渉術とする小泉首相をはじめとする政治家の浅はかさには嘆くばかりだが、外交を交渉とするなら官僚まかせで、それを望むのは無理だ。国民は散々国に騙されてきた。交渉力なら騙され続けた国民の方が上だ。拉致被害者は長年に渡って、嘘とごまかしの政府と闘ってきた。よく分っていたのは被害者の会の人たちだった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
1日だけの滞在だった韓国から今日、帰国。知り合った韓国人に10年後の韓国はどうなっていますか、と尋ねたら、「わたしは若いから、よくなると思います。」と答えてくれた。北とは統一していると思う、というのも自然な感じだった。そこで問題なのはやはり経済と即答。
韓国が六カ国協議で慎重だったのは、統一を前提とした政策にあるように思う。
ししろう
2005/09/23 22:29
金潤圭(キム・ウンギュ)現代峨山(ヒョンデアサン)副会長が、金剛山(クムガンサン)事業を進める過程で造成した8億6400万ウォンの「金剛山秘密資金」のうち、南北協力基金から横領したカネは50万ドル(現在の相場で約5億2500万ウォン)と確認された。 東亜日報10/1日http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2005100183778

基金で実施されている金剛山事業とは道路工事等であるが、南北統一後を見据えたインフラ整備が着々と進んでいることを示している。人的交流も観光を中心に市民レベルまで拡大している。北の問題を考えるとき、近い将来、統一されることを前提に対南北朝鮮の懸案に対処していくべきだろう。
ししろう
2005/10/01 11:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
外交は交渉術か? 注目の”日記”を語る/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる