アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「HP推薦しようかい」のブログ記事

みんなの「HP推薦しようかい」ブログ


『突破流・実践ヤクザ式対話術』 出版

2006/04/11 17:17
一昨年、宮崎学主催の「文章道場」があった。
毎回テーマ課題があったのだが、参加者のNANIOさんは独特の感性で一際、ユニークな原稿を書いていた。例えば小泉の大衆迎合政治に対する「ポピュリズム」については、NANIOさんの場合はこうなる。
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/1056/1055950697/28
キャバ壌と小泉を見事に融合させてしまうNANIOワールド。
その際、講師からヤクザの地下言語について本を出したいとの話があった。
それから取材すること数ヶ月、ついに出版されたのが、宮崎学著、漫画・西原理恵子、構成NANIOによる『突破流・実践ヤクザ式対話術』 。

10日発売され、早速アマゾンで購入。平積みされているところもあるようで、アマゾンでは688位(4/11日現在)と健闘している。

構成が実にリズムカルになっており、解説はそのまま若手芸人が演じてもいける漫談調であったり、一気に読ませる。
かつては不良言葉と言われ、学生が悪を演ずるのに使われていたものだ。しかし、今はどうだろう。本来のヤクザ言葉の使われ方が乱れている。
言葉の重みについて、宮崎学氏は「序」で

小泉純一郎はこんなことを口走っておった。
「郵政民営化のためなら命がけでやる。殺されても通す」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヤクザの親分は本気で事に当たるときには絶対、「命がけ」とは言わんもんや。

というのである。
一方で、一般人の買い物や雑談、ネットのメール、議論にしても刺々しい言葉が横行しているように思う。言葉に優しさと気遣いが少ないのである。ヤクザ言葉には優しさがある。
例えば「オトシマエ」という紹介がある。
地下言語としては[自分で責任をとる」(75P)という意味だそうだが、一般的にも「落とし前」などと、揉め事を解決して面目をつける際に用いられる。最近ではそうした言葉は上品ですらある。
「お前!来んな!」「落ちろ!」「OOの資格がない!」といったように痛い言葉が乱用されている。
このように問答無用、拒否といった行き場のない、落としどころを用意する優しさが欠けた言葉が氾濫する時代になっている。
私は決してヤクザを礼賛するつもりはない、ヤクザにも劣る普通の人々に警鐘を込めて同書を推薦したいのである。

取材に同行したという漫画を担当した西原理恵子氏は、こんなインタビューを紹介している。

いや〜 最近の素人さんはホンマ度胸がありますな〜
ワシらなんて おそろしゅうて おそろしゅうて
株なんて インサイダー取引やないとようさわらしまへんわ〜
ホンマ あんなキケンなもん平気でんな〜

株だ!株だ!と飛びついては騙されたと他人のせいにする、にわか勝負師を揶揄している。これほど明快な株の極意はない。生きる心構えとしてもヤクザ言葉を盗む価値はある。

いつか機会があれば、ヤクザによる「対話術実践講座」を開いても面白いと思う。勿論、NANIOさんが司会で両雄のサイン入り本も売って欲しい。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


父のこと

2006/02/11 19:06
『空間に恋して』で紹介した父についての記事ですが、
昨年他界したことは触れました。http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/news/1056/1055950697/34

>通夜の当日には地方新聞に死亡通知と同じ紙の文壇に、最後の投稿となった俳句・短歌が5句掲載されていた。最後まで元気に活躍した突然の死だった。

このほど1周忌に合わせて、句歌集『樹氷林』を長兄の手で自費出版しました。
30代に学んでいた句作を80歳になってから再開し、主に十勝毎日新聞に投句したものが中心で290句、110首を収録したものです。

 余生とは雑事の異名草毟る

没後初七日に掲載されることになった句歌

 猫さえも食糧事情よくなりて
    鼠も捕らず朝から寝てる

亡くなる1年ほど前、一番詳しい農業のことは余り出てこない等、話をしたところ、
「お前も俳句をやれ」と言っていたが、その才を受け継いだ子供はひとりも居ない。
                      ししろう
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


韓国人も血中重金属濃度が高い

2006/02/07 11:08
「水俣フォーラム」に参加して」について
調査対象の血液1リットル当たり平均4.34マイクログラムの水銀が検出された。これは、ドイツ(0.58マイクログラム)の7.5倍にのぼり、中国(3.5マイクログラム)より高いレベル。
 ただし、水産物をたくさん食べる日本の場合18.2マイクログラムだった。
中央日報2/6
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=72443&servcode=400&sectcode=400

日本の数値は母体で19.4マイクログラム、母体からの移行が高い臍帯血中水銀濃度28.8マイクログラムという報告もある。http://dr-urashima.jp/pdf/kodomo-3.pdf
いずれにしても水産物摂取量が多い日本人は総じて高い。
ししろう
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


「水俣フォーラム」に参加して

2005/12/08 03:43
水俣フォーラム「水俣の経験を世界に生かす高感度水銀分析」 」について
定刻の7時には3人掛の椅子に4人で座って詰めるも、周りの椅子席も満杯となる盛況だった。
今更、水俣!
いや既に水俣は過去のことと認識していたのは私だけだろうか。関心の高さと原体験世代から学生までと層の広さに驚いた。
「猫がてんかんで全滅」
公害の原点ともいえる水俣病の起こりを講師の赤木洋勝氏が紹介。環境異変は弱いところから、それが小さな動物、しかも人間に最も近い猫から悲劇は始まった。猫もネズミも街から居なくなった。昭和29年のことである。それから悲劇が人間にまで及ぶには時間がかからなかった。31年ついに最初の死者が出ることとなる。
勿論、企業側も政府も水銀に原因があるとは認めない。政府が公式に公害と認定したのは、それから12年後である。そして記憶に新しい一次訴訟で患者が勝訴したのが48年。国によりメチル水銀0.3ppm、総水銀0.4ppmという魚の「暫定規制値」が決まる。

私は水俣病が何故、今日的問題であるかの一旦を知った。今、アスベストが騒がれている。しかし70年代から既に指摘されていたことで、政府は危険性を承知していたのである。政府の対応の遅さで被害の拡大を抑えられなかった教訓は全く生かされていない。その意味では”水俣病の負け”である。

続いて、水俣湾の汚染の全体像を調べるために水銀分析へと進み、いかに信頼性の高い分析法を作り上げるかの研究過程が話される。不安をあおるだけと非難された「赤木方式」と呼ばれる水銀分析の精度と感度の発展により、有機水銀が食物に含まれる量が科学的に証明され、「規制値」の見直しが急がれている。
クジラ、イルカには有機水銀濃度が高いと言われている。食物連鎖により、大きい魚ほど、濃縮された水銀が貯まるのだという。そのトップが人間というわけだ。
欧米では大型の魚は食べないように勧告しているというが、日本は規制の対象外のまま放置されている。それでもクジラは捕鯨反対もあって、摂取量は少なくなっている。しかしクジラだけのことではないと赤木氏は警告する。
環境省国立水俣病総合研究センターを退官した今、「何のしがらみもないから、言うべきことは言っていく」と益々元気な赤木氏の今後の発言に期待したい。

終了後、事務局の人が「水俣問題からは社会のいろいろなことが見えてきます」と語ってくれた。肉体に及ぼす目に見えること以上に、人間関係、差別、コミュニティーのこと、あらゆる病根と同一性を感じる。どの切り口からも水俣は啓示してくれる。

12月17日には講演会がある。
「水俣から環境・人権・平和を考える」
http://www1.0038.net/~minamataforum/02exhibition/17kaizukapre.html
水俣病患者の方をはじめ、映画監督崔洋一氏、歌手の上條恒彦氏のトークもある。
                                          ししろう
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1


水俣フォーラム「水俣の経験を世界に生かす高感度水銀分析」

2005/11/29 16:36
「水俣フォーラムは水俣を通して私たち自身や社会、生活を問い直し続ける試みです。」ー水俣フォーラム

12月の講演会
赤木洋勝講演会
「水俣の経験を世界に生かす高感度水銀分析」

公害先進国でもある日本の、公害の原点ともいえる水俣病。
講師の赤木氏は「赤木法」といわれる高感度水銀分析法を開発した、水俣研究者です。
とても気さくな講師ですので、分りやすいセミナーになると思います。

                                            ししろう
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0


エコノミストランキング上位の植草一秀氏

2005/09/06 00:42
今日のコラムhttp://www.uekusa-tri.co.jp/column/index.html
では、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本の株式市場は、選挙結果に関わりなく、上方への水準修正の機会をうかがっているように思われる。日経平均株価が14000円台、もしくは15000円台に水準を切り上げてゆく可能性が強いように思われる。小泉政権が持続する場合には、2006年半ば以降、2007年度大増税実施の懸念から、状況が一転悪化する可能性が生じよう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
市場は先を織り込んで推移する。だと、小泉首相が私の任期中は消費税は上げない、という発言が、この先増税ありを裏付けるものとして受取られているということか。
郵政など全く関係ないことは市場はとうに分っている。自民党が勝つと増税にもGOサインの白紙委任したことなる。
                                 ししろう
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


HP推薦しようかい

2005/08/31 18:10
過去ログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「HP推薦しようかい」ブログ

注目の”日記”を語る HP推薦しようかいのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる